粗大ゴミ

粗大ゴミの定義というのは

まず、粗大ゴミとは基本的に自治体が回収をしています。無料ではなく、有料ではありますが申し込みをすることによって、回収をしてくれるようになっています。但し、自治体によって、微妙に粗大ゴミの定義がやや異なることになります。一律として同じといえるのが事業者が出すごみは違うという程度です。後は細かく金属製であれば何センチ以上、木製であっても何センチであるならば、という細かい定義がありますから、自分の家がある自治体に問い合わせてみるとよいです。
ちなみに、当然ですが明日すぐに回収してください!ということができないわけではないです。回収日が自治体ごとに決まっていますから、それに合わせて捨てることになります。大体は家の前にその日に置いておくことによって、回収してもらうことができるようになります。
これは無料ではなく、コンビニなどで売っている粗大ゴミの金券を買うことによってそれがお願いできます。電話をして、捨てたい物と場所を伝えます。そして金額分の金券を購入します。基本的には300円から500円程度になります。そこに名前や受付番号などを書いて、粗大ゴミに貼り付けます。
回収日まで数週間待たないといけないこともありますから、早めに連絡したほうがよいです。